ブログには書けない話

客の来ない喫茶店をやりたい

インターネットには可能性がある。沖縄、喫茶店、信頼、全てを実現できる可能性が。

僕には夢がある。

簡単にいえば、インターネッツでお金を稼いで沖縄あたり、できれば国際通りからちょっと外れた海の見える丘に、見知った友人みたいな客しか来ない、そんな喫茶店でほのぼのと暮らすこと。それが、僕の夢。

インターネットはすごい。ほんとに良い時代に生まれたと思う。数キロバイトのテキストが、上手く行けば数万人の目に留まり、そしてまたうまくいけば何らかの収益か繋がりを生む。すごい。軍事的な、そういうものからは距離を置きたいし、なるべくならそういうものが無くなって欲しいとは思うけど、それがインターネットを生み出してくれたことには本当に感謝している。ありがとね、ホントに。センキューアメリカ軍。グラッツェ

喫茶店の主としてカウンターに座ってノートPCをいじりながら、接客する。もうホントテキトーでいい。なんなら、コーヒーはセルフサービス。パンもセルフサービス、レジもセルフサービスにしたい。POSとか、そんなデジタルなものによる安心は必要ない。僕とお客さんの間にある信頼関係だけが、この喫茶店を成立させている。バックには中古のレコードプレーヤーからLucy in the sky with diamondsが流れ、ああポールのベースは良いなあ、でもボーカルはジョンのちょっと鼻にかかった感じがいいんだよなぁ、なんてキーボードを打ちながらBGMに浸っていると、お客さんもそういう会話をしていて、わかる、わかるぜその気持ちなんて思いながらもそれを口にしたりはしない。だって無粋だから。言葉にしない、でもわかってる。それがいい。そんな小気味の良い空間、それを昼下がりの淡い日差しとアスファルトが熱する「あの夏」のかおりが包む。そんな日々を送りたい。

でも、現実、現在は非情だ。

ここは東京だし、僕はまだ喫茶店を持ってない。上司ズ達との信頼関係は特にあるとは思えず、ただ「SEって辛えよな」というマイナスな感情においてのみ、意識を共有している。暖かな日差しの代わりに無機質な蛍光灯、PCの排気熱がオフィスを包んでいて、オーディオテクニカのイヤホンから流れるのはHELP!誰か、助けてくれ、誰でも良いってわけじゃないけど、そんな歌詞がブルーライトと共に目に沁みる。

でも僕は希望を捨ててない。ここに期待は持てないけど、現代にはインターネットがある。日本中、世界中に繋がる技術がある。1億人から1円ずつ集まれば、それだけで1億。そんな可能性を、インターネットは持っている。信じよう。賭けてみよう。インターネットに、グーグル検索の1ページ目に。

最高にアナログな生活を目指すために、現代最高の技術”インターネット”に賭ける。そんな感じで駆け抜けたい。2017年はまだ始まったばかりだ。